夕方の便で福岡に到着しました。
今晩は楽しみにしていた焼きとり
よくテレビで紹介されますが
福岡の焼きとりは鶏の割合がとても少ないのです。
何が一番多いかというと・・・
豚バラ
これを食べずに何を食べるというくらいです。
豚バラに、砂肝、ハツ、つくねにダルム。
シシャモや野菜、うずらの卵など何でもアリです

IMG_0313

・・・忘れていました
焼きとりを注文するとキャベツの山盛りが付いてきます。
キャベツ専用のタレが掛かっていたりもしますが
このお店は自分で好きな量をかけます。
一味唐辛子も瓶でテーブルにおいてあるので、好みでかけます。
このキャベツはお替わりできます

IMG_0310

焼きとりは意外と待ち時間が長いので
すぐに食べれる料理を頼むのがコツです
「モダマ」はフカ(サメ)の湯引き。
博多ではフカの尾を輪切りにして茹で、
酢味噌をかけて食べます。
「オキウト」も博多しかない味。
エゴノリ(エゴ草)で材料のところてんのような料理です。
時々、とても食べたくなります

IMG_0311

これは相方の楽しみしていたゴマサバ。
これまた福岡の味
サバをお刺身で食べることが出来るのは幸せです

IMG_0315

相方の注文イカにはゆず胡椒を付けて。
だいたいテーブルに瓶で置いてあります。

IMG_0314

またまた焼きとりの追加注文を。
やっぱり豚バラです
サガリに、相方の大好きな厚揚げも。
博多の焼きとりは
とにかく美味しくて、種類も豊富で安いのです。
それに知らない人達ですが
そこにいる人達の雰囲気もとっても楽しいのです。
これこそ博多の魅力です。
到着早々、とても大満足でした

IMG_0316

✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと2ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです
人気ブログランキングへ