おとぎの国デンマークといえばアンデルセン。
その中でも私の好きな童話は
「人魚姫」なのですが
コペンハーゲンには1913年に
彫刻家エドワード・エッセンによって造られた
人魚姫の像(Den lille Havfrue)があります。
2013年8月に100歳を迎えた人魚姫です。

「世界の3大ガッカリ名所」といわれるものに
「シンガポールのマーライオン」
「シドニーのオペラハウス」
または 「ブリュッセルの小便小僧」
そしてこの人魚姫像。
どれも見ましたが
実物を見るとやっぱり嬉しく感動します
DSCN3430

DSCN3431

人魚姫像はひっそり離れた湾岸にあるので
特にこの寒い季節に見ると
物語の内容も重なり
何だか切ない気持になります
(下は船から見た人魚像)

IMG_1089

私達は中央駅から電車に乗り
さらに20分ほど歩いて
この人魚姫のあるランジェリニ公園に来ました。

遠いようですが
ここでも美しい建物や美術品(銅像)が沢山なので
歩くことがとても楽しみになります。
このランジェリニ公園には
日本の「アンデルセン」が植樹した
桜が200本ありました。
開花時期には「Sakura Festival」が開催されるそうです。
ここから10分ほど歩くと
スーパーのようなマーケットがあります。
ワイン、食品とデリカテッセンのLOGISMOSE

IMG_1122

IMG_1120

IMG_1121

そしてまた電車で中心地に戻ってきました。
これは街で一番高い、市庁舎の塔。
IMG_1225

IMG_1226

この建物のすぐそばにアンデルセン像があります。
いつもは写真撮影に混雑しているそうですが
今日はとても静かでした。
この街であの沢山の童話が生まれたかと思うと
とても感慨深い気持ちになります。

IMG_1227

IMG_1228

✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです