私の帰国翌日に相方も帰国しました。
帰国当日は必ず「白いごは~ん」と言うので
さっぱりなお夕飯に。

でもどうも風邪気味なので、
今日は元気の出そうなごはんにしました。
カムジャタン
「元気が出そうな」と言いながら
買い置きのじゃが芋も気になっていたので

IMG_2082

材料・4人分
・スペアリブ 8本(500g前後)
・じゃがいも 大きめを4コ
・玉ねぎ 1コを4等分に
・ごま油 大さじ1
・すりごま 大さじ1
・えごま葉(または大葉) 10枚くらい

IMG_2077

お肉がしっかり付いたスペアリブだと重量は
レシピより重くなりますが
調味料の量はこのままで
調味料 〉★全て合わせておきます。
・コチュジャン 大さじ2
・おうちにある味噌 大さじ2
・酒 50cc(1/4カップ)
・砂糖 大さじ2
・醤油 大さじ1
・にんにく(みじん切り) 1片
・生姜(みじん切り) 大さじ1

・あればえごまの粉 大さじ1/2と
粉唐辛子(中粗挽き) 大さじ1
  えごま粉は、きな粉でも代用できます。
えごま粉(きな粉)を入れることで
臭いのクセをとることが出来ます


作り方
スペアリブはフォークで数ヶ所、刺しておき
たっぷりの湯で(分量外)茹でこぼします。
さっと洗ったら、水気をとり、塩、胡椒(分量外)をします。
じゃが芋は皮をむき、半分に切って5分ほど水にさらしたら
ザルにあげておきます。

IMG_2078

ごま油を温めたフライパンで
お肉の表面に焦げ目が付く程度に焼きます。
そこに玉ねぎじゃがいもを加えてさっと炒め、油をなじませます。

IMG_2079

③ 合わせておいた調味料とを材料がかぶるくらいの(分量外)を
②の鍋に入れて強火~中火で沸かします。
沸いてくるとアクが出てくるので丁寧に取ります。

④ アクが取れたら、弱火で30分くらい煮込めば出来上がり
ざっくり刻んだえごま葉(大葉)とすりごまを散らします。
ここでもあれば、すりごまの代わりにえごま粉をふります。

召し上がる前日に作るか、煮込んで数時間おくと
味がなじんで、さらにお肉はホロホロに
美味しくなります

食べる時にはえごま葉をさらに山盛りにプラスしました
今回のソウル滞在では
野菜のお惣菜の美味しさを改めて感じたので
いつものごはんに少しずつ足していこうと思っています。
ごちそうさまでした

IMG_2084
 ✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです