今、ソウルにいます。
なかなか都合がつかず
渡韓が延び延びになっていました。

用事を済ませて
すぐ帰る予定でしたが
相方スミンさんも
お休みを頂けたので今回は一緒に。
スミンさんにとって
数年ぶりのソウルです。

ソウルに着いたのはおやつ時。
ちょっと休憩でいつものかき氷を。
スミンさんは初めてです。

きな粉とローストアーモンドに
小さなきな粉餅もたっぷり。
手前の練乳をかけていただきます。
image
初めて食べると驚くのが
粉雪のようで溶けない氷。
最後までふわふわです。

ちょっと甘いものを食べて
落ち着きましたなぁ
image
それからお夕飯に。
今夜は「タッカンマリ」のお店に。
タッカンマリといえば
東大門そばの「タッカンマリ通り」。
そこまで行かなくても
街の中にはいいお店がたくさんあります。

…にしても平日で
退社時間からそれほど経ってないのに
もう満席に。
待つこと10分ほど…
image
炊けているお鍋
準備してもらいました。
image
大きなお鍋に鶏1羽分と
お葱にじゃがいも、お餅が入っています。
「タッカンマリ」とは「鶏1羽」の意味です。

そしてスミンさんのしている赤いエプロン。
汚れ防止でお店で貸してくれます。
image
食べましょ!!
鶏1羽がド〜ンと入っていて
はさみで切り分けてくれるお店も多いですが
ここはすでに切ってあるので
そのままいただきます。
この量で2〜3人分です。
やっぱり福岡の子らしく
水炊きはスープからがお約束
image
手前の赤いタレにつけていただきます。
色は唐辛子の赤ですが
からしがしっかり効いた辛さです。
お酢や生姜、にんにくもたっぷり。

多いのはお店独自のヤンニョムに
お醤油、お酢、からしなどを
お好みでプラスするというものですが
このお店は合わせたものを出してくれます。

そしてここは白菜キムチが
とっても美味しかったです。
どちらがメインか分からないほど食べ
おかわりを頂いたほど
image
しめのおうどん、ククスを。
お餅やじゃがいもも追加注文できるので
鶏があるうちに注文するのがおすすめです。

ククスはしめなので最後に。
生麺をそのまま入れてくれます。

何も味付けしなくても
鶏のスープだけでとっても美味しいです。
image
このお店、日本語メニューはありません。
「タッカンマリ」といえば大丈夫。

飲み物は数種ありますが
人気はダントツで焼酎(ソジュ)
次にビール(メッチュ)。

言葉が通じなくても
お店のオーナーさん、おばさん達が
火加減から食べ方まで気にしてくれて
とても親切で安心です。

タッカンマリ  18000W
ビール  4000W(1本 )
ククス  2000W(1人分 )
日本円で2400円ほどです。
image
3月中旬でも朝晩は氷点下の寒さです。
でも暖かいお店にいたので
外に出るとちょっと気持ちいいくらい。

とっても美味しかったです。
ごちそうさまでした
image
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです