今日はお昼ごはんに包みピザ。
これは発酵も一度だけで
中に入れる具も
あるもので間に合うので
思いついても作りやすくて大助かり。

カルツォーネ
いつもはレシピのように
強力粉と薄力粉で作りますが
今日はスペルト小麦だけで。
image
焼きたてに
オリーブオイルをかけていただきました。
いい香りが広がります。
焼きたてをホイルやペーパーで包んで
そのまま食べても。
image
【 生地の材料・4コ分 】
・強力粉 200g
・薄力粉 50g
・水 140g ( 30~40℃くらい )
・ドライイースト 6g
・塩 小さじ1/3
・オリーブオイル 大さじ1(15cc)

【 具材 】
・トマトケチャップ(大さじ4)
・とろけるタイプのチーズ 好きなだけ
・ベーコン 半切り4枚
・胡椒 好きなだけ
・あればオレガノ
・今日はゆで卵( 2コ )も入れました。

 市販のピザソースやホワイトソースでも。
具材は刻んだトマトやアスパラ
ハムやソーセージ、サーディンなどでも。

【 作り方 】
 下準備をします。
強力粉薄力粉お塩は一緒にふるっておきます。

ドライイーストで混ぜ
オリーブオイルを加えて混ぜておきます。

ベーコンは1cm幅に切ります。

ゆで卵は1コを4等分するか
スライサーで切っておきます。

生地を作ります。
ふるった粉に少しずつ①の水を混ぜます。
ざっとまとまったら手でこねます。

パン作りのようにしっかりこねたり
たたく作業はしなくて大丈夫。
こねムラがなくて表面がつるんとすればOK。

この生地を30~35℃で15分発酵させます。
( 今日は28°Cの室内に25分置きました。
粉の種類によっても少し変わってきます )

生地を分割します。
だいたい倍の大きさに発酵したらOK。
 打ち粉( 分量外 )の用意をして
分割や伸ばす時に使います。
imageimage

















ガスを抜いて
生地を4等分に分けて丸め直し
10分休ませます。

生地で具を包みます。
オーブンは
220℃15分で予熱を入れます。

麺棒を使って
直径15~18cmくらいに伸ばします。

生地のはし1cm分くらいに
くるっとオリーブオイル 分量外 )を塗ります。

ケチャップ( トマトソース )をのばし
胡椒 オレガノをふります。
ベーコンチーズ ゆで卵をのせたら
半分にたたんでふちをしっかり押さえます。
image
image
半月のまま焼いてもいいですが 
生地の両端をグ〜っと引っ張ると
ダボッとしたズボンのような形に。
この形がカルツォーネの名前の由来。
image
220℃で15分焼きます。
 様子をみて焼き時間をプラスします。
生地の表面にオリーブオイルを塗ると
いい焼き色がつきます。
image
だぼだぼズボンというより
赤ちゃんロンパースみたいな形が
かわいいなぁといつも思います。

さてさて今日使ったスペルト小麦。
ライ麦のような香ばしさで
いい香りがします。

ピザ作りと同じような感じなので
お子ちゃまに好きな具を包んでもらっても。

週末はスペルト小麦で
低温発酵させて
リュスティックかプチパンを
作り置きしようと思っています
image
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです