アリランハウスでの韓定食。
お部屋の入り口では
スタッフの方がキムチのカットを。

薄めながらも丸く厚みのあるキムチ。
伺ってみると
これはポッサムキムチ。

ポッサムといえば
白菜の中に海鮮や果物 野菜などを
包むように漬けた
「王様のキムチ」ともいわれます。
( ポッサムは「包む」の意味 )

こちらのポッサムは
ポッサムと聞いてイメージする
華やかさはないのですが
白菜の歯ごたえ
辛すぎない味つけ
中の具材のバランス
食べ飽きず美味しいキムチです。
IMG_0031
それぞれお席に。
このガランとしたテーブルが
まさに韓国のことわざ
「善の脚が折れる」ほどお料理でいっぱいに。



これはごちそうが沢山あることの例えで
客人をもてなす時に
テーブルの脚が折れそうなほど
沢山のお料理を準備するという意味です。
IMG_0032
食事と同時に公演も始まりました。
IMG_0045
先に紹介したキムチ。
サンチュとお味噌は
お刺身を巻いて食べたり。
IMG_0033
お刺身。
日本のようにわさびとお醤油や
コチュジャンベースのたれでいただきます。
IMG_0034
左の葉は行者にんにく。
真ん中はゆで豚。
右端はエイ( ホンオ )を発酵させたお刺身。

ホンオは発酵でアンモニア臭が出ます。
やわらかめの香りのもの
ちょっと罰ゲームくらい強いもの いろいろです。

このホンオは身も張って色もきれい。
香りは単品だと感じますが
ゆで豚と熟成したキムチを重ね
行者にんにくの葉で包むと
不思議なほどの美味になります。

ここでは熟成したキムチが
個性の強いホンオとうまく調和して
それぞれの良さを引き出してくれます。
IMG_0035
日本でいうと「おかひじき」を使った和え物。
IMG_0036
これも和え物ですが
上のものと比べると味つけはしっかり。
というのもお魚が入っています。
IMG_0038
日本でもすっかりおなじみのチャプチェ。
薄味の味のつけ方や
黒色できくらげを使うのもいいなぁと
参考になります。
IMG_0039
初めて食べたこのお料理は
海老のすり身を包んだなまこの蒸しもの。
想像通りのプリンプリンな食感。
IMG_0041
韓国風なローストビーフ。
薄切りのお肉で細切り野菜を包み
辛子のきいたソースにつけていただきます。
IMG_0042
これはエイの蒸しもの。
エイだけだとちょっとクセがありますが
上にのせてある
粉唐辛子にニラやお葱などの具と
お醤油などで味をつけた
ヤンニョムがエイにぴったり。

日本だといわしや鯖のような
お魚にも合いそうなヤンニョムです。
IMG_0044
これは小さめの海老と炊いたかぼちゃの煮物。
韓国のかぼちゃはホコホコというより
さくっとしたあっさりなタイプです。
IMG_0048
カルビチムも日本でもメジャーな
韓国料理になりました。
IMG_0049
海老のおだしのきいたチゲは絶品でした。
IMG_0050
茹でだこはあっさりごま油とお塩で。
IMG_0051
ジョンが2種類。
薄切り牛肉の入ったものとお白身魚。

このジョンはピカタのようなもので
ひとくちサイズのジョンは
旧正月や秋夕( チュソク。日本のお盆 )
法事には欠かせないお料理のひとつです。
IMG_0052
焼き魚はイシモチ。
IMG_0057
小さなお総菜がいろいろ。
次から次にお料理が出されるので
写真やメモが追いつかないほど。
デザートは梨とメシル茶( 梅シロップ )。

疲れた日の終わりに
メシル茶の甘さは体に沁みました。



初日は大きな荷物を持っての移動で
なかなか大変でしたが
美味しいお料理に囲まれて
初対面の皆さんとも少しなじんで
韓国農水産食品流通公社 権さんのご挨拶に
ほっと安心した
1日の終わりになりました。

いよいよ明日は楽しみなキムチ作り
どんなキムチに出合えるか楽しみです。



【お知らせ】 韓国産キムチで当てよう!
冬のHOTなキムチ!キャンペーン
応募締め切りは2017年1月31日
詳細はこちら →
 IMG_0056
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです