最近は作る頻度が増えてきた
梅干しの炊き込みごはん
朝ごはんにこのおにぎりはヘビロテです。

そしてアジの開きも身をほぐして
その時々で具を足して混ぜごはんにしたり。
・・・で
「このふたつを足したら美味しいかも!?」
と出来たのが今日の混ぜごはん。
ふたつの個性を
うまくつなげてくれるのがおだしです。

 ヤマキだし部 6月のテーマ 
梅雨をのりきる!さっぱりレシピ

アジのほぐし身を混ぜ込んで 梅干しの炊きこみごはん
梅干しの炊き込みごはんに
焼いたアジのほぐし身を合わせた
混ぜごはんです。

ごはんをおだしで炊くことで
味のベースがしっかりして
梅干しにも焼き魚も味のなじみが良くなり
これが冷めても美味しい秘決です。

焼き魚をほぐすのが面倒な時は
市販のサバや鮭のほぐし身を使うと便利です。
IMG_0197
材料 ・2人分
・米  1合
・焼きあごと焼き煮干しの合わせだし  1袋
・水  400cc
・梅干し  大きめ1コ

・アジの開き  1枚
( 使うほぐし身の正味量100〜120gくらい )

・大葉  5枚
・炒りごま  ひとつまみ〜

 おだしは実際に使う量は
180ccくらいなので半分ほど残ります。
残ったおだしはお味噌汁に使いました。

作り方
下準備をします。
お米はいつも通り研いで浸水した後
ざるに上げておきます。

おだしは煮出して冷ましておきます。

大葉は千切りにしておきます。

アジの開きは焼いた後 身をほぐしておきます。

 ちょい手間 
ほぐした身は熱いうちに酢( 小さじ1/2 )や
すだちなどの柑橘のしぼり汁を混ぜておくと
香り 味ともによりすっきり仕上がります。
今日はわが家の柚子酢を使いました。
梅干しが入っているので加えなくても大丈夫です。

ごはんを炊きます。
炊飯器にお米 おだし 梅干し( 丸ごと )を入れて
いつも通りに炊きます。
おだしの量もいつもと同じでOKです。

炊き上がったら梅の実を外しながらざっと混ぜ
さらにほぐしたアジの身をまんべんなく混ぜます。

盛り付けます。
器にを盛りつけて
大葉炒りごまを散らして出来上がりです。
お好みで大葉と炒りごまを混ぜ込んでもOKです。
IMG_0200
今日はアジの一汐を使いました。
( 一汐は塩打ちしたり塩水につけた後 一晩置いたもの )
干物だとより味がしっかりします。

お水で炊いたごはんと
おだしで炊いたごはんで作ったものを比べると
どちらも美味しいのですが
おだしのほうが味がしまって
梅干しと魚の旨みをまとめてくれます。

それに基本のだしを使うことで
旨みもプラスされ
お塩やお醤油など調味なしで作ることができます。

市販のほぐし身の他に
釜揚げしらすも美味しいかもと思っています。
( これは今度 作ってみます

混ぜごはんのバリエーションが
おだしのおかげで広がりました。
ごちそうさまでした。
IMG_0221
 ヤマキさまからのお知らせ 
通販サイト「新にほんの食卓」では
商品の紹介・購入に加えて
おだしの素敵なお話にレシピも紹介されています。

公式コミュニティサイト「だしコミュ」では
登録していただくとキャンペーンやイベント参加など
お楽しみがたくさんです。

 ヤマキ 基本のだし 
かつおと昆布の合わせだし
焼きあごと焼き煮干し( いわし )の合わせだし
IMG_5029
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。
ヤマキだし部 梅雨をのりきる!さっぱりレシピ
ヤマキだし部 梅雨をのりきる!さっぱりレシピ