先日の胡瓜のおつまみに続いて
ふた品めの韓国の冷たいお惣菜を。

「マンドゥ( 餃子の類い )」の中のひとつで
もともとは旧暦6月に行われる
歳時で食べられていたマンドゥです。
小麦粉で作った料理を食べると
元気に夏を越せると言われていたそうです。

 今月のおうちのみテーマ 
ひんやり&さっぱりおつまみ

ピョンス( 片水 )
白菜キムチやお豆腐を入れたり
野菜だけで作ることもあります。
今回の材料は身近なもので
おうちで餃子を作る要領で大丈夫。
蒸さずに茹でて仕上げます。
IMG_1283
材料・2〜4人分
・牛ひき肉  100g
・塩  小さじ1/2
・にんにくみじん切り  小さじ1/2
・胡椒  少々
・ごま油  小さじ1

・胡瓜  1本( 130〜150gくらい )
・もやし  1袋( 200g )
・サラダ油  小さじ1

・餃子の皮  25枚
・あれば 松の実  25粒

 お肉のこと 
牛肉で作ることが多いですが鶏肉でも。
その時はにんにくでなく生姜を使います。



作り方
野菜とひき肉の下準備をします。
胡瓜は薄切りにしてさらに千切りにします。
( 少々 : 分量外 )をふって5分ほど置きます。
水分が出たら軽く絞っておきます。

もやしは根を除いて洗います。
( 根を除くと正味量150gくらいになります )
茹でたら荒く刻み軽く絞っておきます。

牛ひき肉お塩 にんにく 胡椒を混ぜ
最後にごま油を混ぜておきます。
IMG_1213
炒めます。
フライパンにサラダ油を入れ温めたら
①の胡瓜もやしを炒めます。
火を通すというより
水分を飛ばす感じでさっと炒めます。
炒めたらバットなどに入れておきます。

同じフライパンで牛ひき肉を炒めます。
火が入ったら先に炒めた野菜と混ぜて冷まします。
IMG_1226
包んで茹でます。
餃子の皮を広げて具をのせます。
あれば松の実を。

たったひと粒ですが
食べた時の食感と香りがとても良いです。
IMG_1275
ピョンスと言えば
こんな風車の形に包むのが定番です。
( 真ん中にぎゅっと寄せる感じで )
ひだを寄せず半分に包むだけでもOKです。

茹でて冷水にあげたら出来上がりです。
具には火が入っているので
皮に透明感が出たら大丈夫です。
IMG_1279
冷水を薄く張ったり
氷を並べた器にピョンスを並べます。

酢醤油で食べるのがおすすめです。
現地の作り方より
お塩とにんにくを控えめにしているので
柚子胡椒で塩味と辛味を足して食べても。
IMG_1286
この量をメインにして2人で食べると
意外なほどお腹いっぱいに。
おつまみのつもりがごはん代わりに。

暑い季節のおつまみにぜひ。
ごちそうさまでした。
IMG_1292
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。
おうちのみ大使 ひんやり&さっぱりおつまみ
おうちのみ大使 ひんやり&さっぱりおつまみ