今日は送っていただいた
デルモンテ 完熟トマト・ソース 濃縮タイプ」で
クレオールのひとつをおうちごはんアレンジで。

今回のテーマは
♫ トマト・ソースを使った時短!簡単!トマトレシピ ♪

ジャンバラヤ
トマト・ソースの美味しさをそのまま活かして
スパイスをちょこっとプラスします。

ジャンバラヤは市販のケイジャンスパイス( シーズニング )
を使うと本格的ですが…やっぱり残るともったいない

今日は普段のカレー作りにも使える
クミンパウダーをメインに。
カレー粉でもOKです。
これならお子ちゃまも大丈夫。

使いかけがあればオレガノやタイム、バジルなど
ひとふりずつ加えるとより風味豊かに。

大人向けにはレッドペッパー( カイエンヌペッパー )を
2〜3ふり加えるとキリッとしまります。
どれも工程③で混ぜて使ってください。
475B4CDF-1438-4D1A-87EA-E873E32EAA39
材料・2人分
・米  1合
・水  1カップから大さじ1分を除く
・トマト・ソース  大さじ5

・鶏むね肉  皮を除いて100g
・あらびきウインナー  2本
・にんにくみじん切り  小さじ1
( またはベーコンのハーフサイズ  2枚 )
・玉ねぎ  1/4コ
・パプリカ  1/2コ
・サラダ油 または オリーブオイル  大さじ1

・クミンパウダー  小さじ1
( またはカレー粉  小さじ1 )

作り方
下準備をします。
お米をといで30分浸水させたらザルにあげます。
鶏むね肉はひと口大に切って
こしょうをひとつまみ( 分量外 )ふっておきます。
玉ねぎパプリカは1cm角に切ります。
あらびきウインナーは5mm幅に切ります。
( ベーコンは1cm幅に )

材料を炒めます。
フライパンににんにくを入れて弱火にかけます。
香りが上がったら玉ねぎを加え
をひとつまみ( 分量外 )ふって炒めます( 中火 )。

玉ねぎがしんなりしたら鶏肉を炒めます。
あとで炊飯するので焼き目がつく程度でOKです。

火を止めてパプリカウインナー( ベーコン )を
ざっと混ぜておきます。

③ 炒めます。
炊飯がまにトマト・ソース
クミンパウダー( カレー粉 )を入れて混ぜます。
そこにお米を加えてもうひと混ぜします。
お米の上に②の具材をのせていつも通り炊きます。

炊き上がって10分ほど蒸したら出来上がりです。

余談ですが。
うちは圧力鍋でごはんを炊きます。
朝晩1合弱ずつくらい炊くのですが
圧力鍋のピンが上がるまで2分くらい
さらに加熱2分半で炊き上がります。
今日はちょっと多めなので3分加熱しました。

朝は早い、夜は遅いわが家に
圧力鍋は時短に大助かりです。
CD144567-9404-41F9-BA4C-34BEBB633D7B
お皿に盛りつけてドライのオレガノとバジルを。
ごはんもちょっとアルデンテな感じに。

このトマト・ソースだと味がきちんと決まるので
時短、簡単に加えて安心して使うことができます。

このジャンバラヤで頂いた3袋がちょうど無くなりました。
今回もとてもいい商品に
出合うことができて嬉しく思っています。
本当に有難うございました。

そして今日もごちそうさまでした。
B9D27039-D021-4FB9-87EF-2C2ED6B6F358
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。