いつもお世話になっているレシピブログさまの
缶詰やレトルト使いの季節がきました。
スーパーなどでいつもより丁寧に
保存に向く食品を見たり手に取ったりして
日々の生活を見直す機会を
作っていただいて有難く思っています。

毎年9月と3月をめどに
長期保存のレトルトや缶詰、ごはんなどの
期限や作り方を見直すようにしています。
たまに入れ替えで食べてみると
買い足しやアイデアにもつながっています。

今日は10分もあれば出来上がる
調味なしの簡単なひと品を。

さばときゅうりのジンジャードレス
さばのしっかりした風味に負けないように
きゅうりはたたいてざくざく感を。
きざみしょうがが具材と調味のふた役で
まとめてくれます。
D2716883-433F-4B04-B2A2-7BEE5C637ADD
材料・2人分
・オイル漬け さば缶  1缶
・きざみしょうが  大さじ2
・きゅうり  1本
・貝割れ菜  大きめサイズ1パック
(  お好きなスプラウトでも )

作り方
下準備をします。
貝割れ菜( またはスプラウト )は根を落として
洗ったらざるに上げてしっかり水気を切ります。

きゅうりは包丁のはらや麺棒でたたきます。
7〜8等分に切って食べやすい大きさに割いたら
ペーパーで水気を除いておきます。
種が多い時は除いてもOKです。

和えて仕上げます。
ボールにさばの身を出してざっとほぐします。
大きめの骨は除いてください。
( 漬け汁は使いません )

そこにきゅうり貝割れ菜
きざみしょうがを加えて和えたら出来上がりです。



今年は災害続きで心が虚しくなりますが
できることを少しずつ。

ごちそうさまでした。
C755AA99-3820-4A09-9F05-39002B793A96
 今回使った缶詰・びん詰のこと 
サヴァ
オリーブオイル漬けのさば缶で
お洒落なパッケージでも人気です。

東日本大震災をきっかけに生まれた商品で
東日本水産業復興を支援しています。
発売当初から買っていますが
とっても美味しいさば缶です。



桃屋のきざみしょうが
蒸し鶏料理の美味しいレストランがあるのですが
この蒸し鶏にたっぷりのせて食べる
お店オリジナルのジンジャーソースが絶品です。

このジンジャーソースに
よく似ているのがこの「きざみしょうが」。
きざみしょうがざっくざくでごま油や塩、
チキンエキスなどで調味してあります。

どちらも和洋を問わず使えて
美味しくて便利で
うちには欠かせない常備食品です。
950645E5-C45C-455E-935C-DEE3F3126F7E
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。
超かんたんおかず料理レシピ
超かんたんおかず料理レシピ