今日は梅雨らしくでも少し心配な
強めの雨が降っています。
九州を始め、例年のような大きな被害が
出なければいいなぁと思いながら
ちょっと薄暗い朝にはカラフルなひと皿を。

トリコローレ オープンサンド
夏ほうれん草、トマト、チーズの明るい色を揃えました。
ついいろいろ書いてますが
材料を切りそろえたらさっと炒めて
お好みのパンの上にのせるだけです。
簡単に楽にワンプレートが完成します。
0EBCD906-A905-49DD-9369-494C0A47917A
 岐阜県産ほうれんそう 
ほうれんそうも飛騨春菊と同じように
夏でも涼しい飛騨地方で作られているそうです。
化学肥料や化学合成農薬の削減に取り組み
徹底した温度管理で高品質の夏ほうれんそうを
届けてくださっています。
18E0567F-1CD2-4304-B1E0-D4F53F0D2342
材料・2人分
・岐阜県産 夏ほうれん草 1袋
・ベーコン 半切りサイズで5〜6枚
・ミニトマト 10〜12コ
・モッツァレラチーズ 1コ( 100gくらい )
・にんにく 1片

・サラダ油 またはオリーブオイル 小さじ1
・塩ふたつまみ
・胡椒 お好みで

・食パン 2枚
・オリーブオイル 小さじ1( バターでも )

 材料のこと 
にんにくは使わなくても大丈夫です。
チューブ入りのものを使う時は
2cm分くらいを使います。
加えるタイミングはレシピの中で。

モッツァレラチーズの代わりに
とろけるタイプのシュレッドチーズでも。

パンは市販のピザシートやバゲットでも。
バゲットは1/2本分を縦半分に切ります。
それぞれのパンに合わせて
塗るオイルの量は増やしてください。

作り方
下準備をします。

にんにくは包丁のはらでつぶして
フライパンにサラダ油と一緒につけておきます。

夏ほうれん草は茎は2cmくらい
葉は3cmくらいにざっくり切って
水気を除いておきます。

ベーコンは1cm幅に切ります。

ミニトマトは爪楊枝などで1か所、穴を開けます。

モッツァレラチーズはひと口大の乱切りに。
水が出るのでペーパーに包むかザルに入れておきます。

パンは焼いてオリーブオイルをぬっておきます。
今日は市販のナンを使いました。
7419903F-1625-4D64-BC9E-D8D4B945AE38
材料を炒めます。
にんにくとサラダ油を入れておいたフライパンを
弱火にかけて香りをあげます。

香りがふんわりしてきたらを入れます。

次にベーコン夏ほうれん草を加えて炒めます( 中火に )。
夏ほうれん草のかさが少し減ったら
ミニトマト チューブ入りにんにくも )を加えます。

夏ほうれん草のかさがさらに減って
始めの2/3くらいになったら火を止めて
モッツァレラチーズを散らすように加えます。
余熱でとろりんちょにとろけてきます。

仕上げます。
用意しておいたパンの上に②をたっぷりのせます。
お好みで胡椒をふって出来上がりです。



ほうれん草といえば旬が冬ですが
夏にも美味しいほうれん草が手に入って
たっぷり食べることができるのは嬉しいことです。

ごちそうさまでした。

 岐阜県産の農作物はオンラインでも
現在、岐阜県内の農家さんや酪農家さんは
コロナ禍の影響で販売ができず困っていらっしゃいます。
こちらのサイトで購入もできますので
ぜひ一度ご覧ください。

JAタウン 飛騨・美濃うまいもん市場
8DA09FDC-506A-40D1-8D6A-325DA810EF2F
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。