久しぶりです。
そろそろ岐阜クッキングアンバサダーの
シーズン3も始まるので
しゃきっとしなくてはなりません

最近、感じた秋の気配は
お茄子の実がぎゅっとしまっていること。

先日、京都に行った時に
京料理の先生のお話からヒントを頂いて
焼き茄子をだしに浸けてみました。

すぐに食べることはできませんが
半日、1日置くと美味しさが増して
待ってよかったと思う作りおきになります。

焼き茄子 素麺
おだしにつけた焼き茄子は
そのままでもお惣菜になりますが
今日はお素麺と合わせて。
焼き茄子の旨みたっぷりのだし汁を張って
シンプルで美味しい秋の冷たい麺に。 
8C4DAE31-B315-4452-8A2F-E1485273777D
材料・2人分
・茄子 2本
・だし汁 200cc

・素麺 3把
・大葉 10枚( 千切りに )
・麺つゆ お好み量で

 だし汁のこと 
煮出すもの・顆粒のものなど
いつも使っているものでOKです。
塩味も活かして使ってください。

昆布やかつお節などでだし取るときは
熱いうちに塩を小さじ1/4加えてください。

作り方
下準備をします。
茄子は焼き茄子にして皮をむきます。
千両なすはそのままで
長なすは半分に切ります。 

茄子を焼いている間にだし汁を用意します。 

焼き茄子をだし汁に浸けて冷めたら冷蔵庫に入れます。
短くて3〜6時間くらいおいてください。
( 漬けた日から3日くらいで食べ切ってください )

仕上げます。
素麺を指定時間通り茹でます。
しっかり水切りしたら器に盛ります。

素麺の上に焼き茄子をのせてだし汁を張ります。 
刻んだ大葉のせて出来上がりです。

味は麺つゆ( そのままで )を少しかけて整えてください。
白だしでも美味しいです。

うちでは途中でオリーブオイルをかけます。
味に深みが出て旨みが増します。



お素麺の上にドンとのったお茄子は
あまりかわいくもなければ映えもしません

上の写真のようにお茄子を少し割いてのせると
バランスがとりやすい。。かもです。

浸けていたおだしには
焼き茄子の香ばしい香りと旨みも移り
すこしとろみも出ます。 

わさびとの相性抜群です。
秋茄子が美味しくて
日中暑い間にはまだまだ重宝しそうです。

ごちそうさまでした。
0597F90F-C60B-4022-B5FC-1B083956C11F
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。