先日のキーマカレーでも書きましたが
ハツシモはうちでもよく買う銘柄のお米で
お寿司を作る時にもおすすめのお米です。

今日は季節感のある柚子とひらめを使ってちらし寿司。
すし飯は柚子のしぼり汁を使って。
お刺身は前日から昆布じめで旨みを増し増しで。 

♫ 昆布じめ白身の柚子ちらし 
今日は旬に入るひらめを昆布じめにしました。
すし酢には柚子のしぼり汁を使いましたが
お酢の置きかえでもOKです。 
( もちろん市販のすし酢でも ) 
柚子を使ったときは皮もぜひ一緒に。
細切りで散らすと香りよく仕上がります。 
781EE730-0788-4FB2-9BA8-D9D8693447BB
【 材料・2人分 】
・ハツシモ 1合
・水 180cc
・刺身用の白身魚 サクで150g
・昆布 1〜2枚
 昆布の大きさは15〜20cm × 10cmくらい。

☆ 合わせ酢 ☆
・柚子のしぼり汁 20cc
( 足りない時は酢を足してください )
・砂糖 小さじ2
・塩 小さじ1/2

【 作り方 
① 昆布じめの準備をします。
昆布はあれば2枚使いますが1枚でも大丈夫。
水か酒で湿らせたふきんかペーパーで表面を拭きます。

昆布の上に刺身をのせてもう一枚の昆布をかぶせます。
ラップをかけて冷蔵庫で半日〜1日置きます。

昆布が1枚の時は片面ずつ昆布じめにします。
下の写真のようにのせて半日前後置いた後
魚の天地を返してさらに半日前後おきます。
2CCE8041-7696-48E1-8446-7138532F66F0
② すし飯を用意します。
ハツシモはいつも通りに炊きます。
あれば昆布( 5×5cmを1枚 )を入れて炊くと旨みが増します。

ごはんが炊けたら用意した合わせ酢を混ぜます。
少し時間をおくほうが味がなじむので
すし飯の用意は早めにしておくと良いです。

③ 仕上げます。
昆布じめの刺身をそぎ切りにして
器に盛りつけたすし飯の上にのせたら出来上がりです。

柚子皮は裏の白い部分を丁寧に落として細切りに。
仕上げに散らすと彩りも香りも良く仕上がります。



取り分けたらごく少量のお醤油とわさびで。
昆布の旨みも柚子の香りも最後まで楽しめます。

大皿での取り分けをためらってしまう時世なので
すし飯を少量ずつ取り分けて仕上げたり
手まりずしのように作っても。

この冬も美味しいハツシモで
季節のごはんを楽しみたいと思っています。
ごちそうさまでした。
89D1544B-D44F-4EBF-8D0A-973B89B249CD
  岐阜県産の農作物はオンラインでも
現在、岐阜県内の農家さんや酪農家さんは
コロナ禍の影響で農畜産物が販売ができず
厳しい状況が続いています。
こちらのサイトで様々な特産品を購入できますので
ぜひ一度ご覧ください

JAタウン 飛騨・美濃 うまいもん市場
https://www.ja-town.com/shop/c/c4201/

ぎふーる楽天市場店
https://www.rakuten.ne.jp/gold/gifu-ru/
38563FB0-48FC-46C9-B3C9-536D7D672576
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。
岐阜クッキングアンバサダー
岐阜クッキングアンバサダー