少し前に生マッコリのことを書きましたが
この生マッコリ、まさに「活きてる!!」という感じで
勢いというか生命力を感じたので
パンの仕込みに使ってみました。

マッコリにも2種類あって
熱処理しているものは「マッコリ」。
常温で割と長い保存も可能です。

「生マッコリ」は熱処理なしなので
酵母や乳酸菌も生きて成長しているので
保存は冷蔵で短めです。

韓国には生マッコリの酵母だけで発酵させた
上品な宮中由来のお菓子もあります。



。。。でパンに戻ります

韓国のお菓子を作る経験からだと
発酵にかなり時間がかかるので
こねないタイプの低温発酵で仕込んでみました。
イメージはリュスティックで。

・準強力粉 200g
・生マッコリ 100g
・水 50g
・砂糖 5g
・塩 3g
・ドライイースト 1g

全くのお試し配合で
トータルすると発酵時間60時間少し。

生マッコリは開栓して
4日ほど経ってしまったので
開けたてはもっと酵母に勢いがあったはず。。

そしてもっと暖かい季節だと
イーストも半分くらいでいいような。。



ミニサイズのリュスティック。
小さいながらも中は気泡も入って
しっとりして皮もパリッ。

食べてみると酵母や
甘酸っぱいあのマッコリの香りがふわり。

次はまた少し改善して。
ごちそうさまでした。
40DAE041-5AC4-42E7-B997-8148F724C6CC
✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿〰✿
読んで頂いて有難うございます♫
下のバナーをクリックして頂くと1ポチが投票されます。
応援して頂けたらとても嬉しいです。