イェジンさんち ~예진의 엄마 손~

**Korean culinary lover ** Olive oil sommelier **

カテゴリ:スイーツ

成人の日が終わって本格的にいつもの毎日が戻ってきた気がします。でもふと気づくと今月末は旧正月。わが家は新暦のお正月だけですがお付き合いや仕事関係で旧正月は2度目のお正月が来たようなちょっと華やいだ感じや気分になります。そんなことを思いながらずっと延び延び ...

今日は仕事納め。朝ごはんはお赤飯と鯛の塩焼き。これを準備すると1年が終わるなぁとしみじみ思います。今年最後の出勤のスミンさんを見送ると気持ち半分ほっとします。あとは無事に早いお帰りをこれは昨晩の夜おやつ。ピネードのチーズケーキを。プレーンブルーベリーラズ ...

冬至に合わせて「 柚子餅 」。毎月 行事の由来や背景などについても教えていただいているのですがまじまじと聞かれるとよく分からない冬至と柚子と南瓜の理由。冬至になぜ柚子ビタミンCが豊富で血行促進の効果がありますが柚子 → 融通がきく冬至 → 湯治 の語呂合わせも。 ...

【 追記メモ : 2017.11. 18】今年も作ってみて気づいたことや温度・加熱時間などプラスして記入しています。柚子が届くと作るのが楽しみなプリン。送ってくださる農園の店長さんレシピです。これまたタイトルがいい♫ 幸せな冬の味 柚子のプリン ♪この冬はもう何度か作りま ...

今月の和菓子は「薯蕷饅頭」。桃色がかったのが「寒牡丹」で牡丹のつぼみを模したもの。緑のものは「織部薯蕷」。織部焼きのような深みのある少し青も入った緑色です。蒸しあがりはまさにあんまん。冷めると生地のしっとりでかすかにさくっとした美味しさがよくわかります。 ...

今月の和菓子は亥の子餅。名前のまんまイノシシの子どもうりぼうちゃんを模した和菓子です。旧暦10月亥の日の亥の刻に( 今年は11月1日。亥の刻は21〜23時 )無病息災と多産の猪にあやかって子孫繁栄を願いお餅を食べる習慣は平安時代の宮中行事に始まりやがて民間 ...

今月の重陽の節句にちなんで着せ綿( きせわた )を教わりました。9月9日が重陽の節句でしたが教室は旧暦で進めているので旧暦だと今年は10月9日にあたります。「 着せ綿 」お菓子は菊花がモチーフですがなぜ綿なのかなぁと。これは日本独自の風習で重陽の節句の前夜9/ ...

日中の暑さは変わりませんが朝夕の風や雲が変わってきた気がします。毎年のことながら季節はこうして移るんだなぁと感じることが日々あります。今月も季節の和菓子を教わりました。8月の和菓子は「衣被( きぬかつぎ )」「芋名月 十五夜」にちなんで里芋も模したお菓子を作 ...

ちょっと前に食べたお菓子。伊勢といえば赤福とか伊勢うどんとか。サミット以降は日本酒も注目されたりですが伊勢に行ったらお土産にも自分用にもお勧めしたいサトナカのクッキー。固焼きではなくほろほろでサブレのようなショートブレッドみたいな。「サが10個並んで中」 ...

年中よく作るわがやのおやつ。レトルトのぜんざいを使って作ります。コーヒーの風味はインスタントコーヒーで。ちょこっとゼラチンを混ぜて冷やすだけの簡単な和デザートです。♫ コーヒー風味のふるふるぜんざい ♪ 【 材料・2人分 】・レトルトぜんざい 1袋(160 ...

↑このページのトップヘ